信用を得る取引をするなら、ISOを取得しよう

現在の攻撃方法

標的型攻撃とそのサービスについて

近年では、インターネットを介した攻撃が増えている。その中でも、企業の機密情報や金銭に関わる情報を盗み取ろうとする標的型攻撃が多くなっている。 この標的型攻撃への対策には、いくつかのことがある。まずは、標的にされやすい弱点を自ら見つけておくことが重要になる。 標的型攻撃では、企業のネットワークの隙間や、ソフトウェアの不具合、社内の人を活用するなど、弱い部分につけ込み攻撃を行ってくる。そのため、どこが狙われやすいか抑える必要がある。最近では、これらの脆弱性を検証してくれるサービスも登場してるため、それらのサービスを利用して弱点を押さえることが重要になる。 弱点を押さえたら、その弱点に対する対策を行っていくことで、標的型攻撃から情報などを守ることができる。

対策を重視する企業とその背景について

標的型攻撃への対策に力を入れている企業には、いくつかある。まずは、個人情報を多く扱っている会社がある。最近では、個人情報への取り扱いが厳しく、これらの情報が漏洩した場合、企業の存続に関わる大問題になりかねない。そのため、標的型攻撃への対策を重視する企業として、これらの情報を多く扱う企業からのニーズは大きくなっている。 また、お金を取り扱う企業についても、標的型攻撃への対策は最重要視されている。最近では、特に金融機関を狙った不正送金や引き出しなどが相次いで起きている。 これらでは、標的型攻撃により送金するための情報を盗み出して行うケースが通常である。 そのため、特に銀行や証券会社など金融関連の企業でも利用が多くなっている。

Copyright (c) 2015 信用を得る取引をするなら、ISOを取得しよう all reserved.