信用を得る取引をするなら、ISOを取得しよう

求められている

脆弱性対策に求められる最新の工夫

基本ソフトやアプリケーションソフトの作り間違い、欠陥、セキュリティーホールなどを総称して脆弱性と呼びますが、他人のコンピューターを攻撃しようとするクラッカーは、そこを狙ってきます。企業でも個人でもクラッカーの脅威から守るためには、脆弱性対策が重要です。脆弱性が発見されると、メーカーは修正ソフトを配布します。修正ソフトをインストールするのは当然ですし、ソフトウェアが新しくなったら少しでも早く最新型に切り替えるのが望ましいと言えます。個人ですと修正ソフトが配布されるのを待つ以外に、なかなか有効な対策手段はありませんが、企業ですと、不正侵入防止システムを導入することで脆弱性対策とすることができます。

脆弱性対策として不正侵入防止システムを導入するメリット

脆弱性対策として不正侵入防止システムを導入していると、不正な通信を感知した時に遮断することができます。個人ですと修正ソフトが配布されるのを待つしかありませんが、不正侵入防止システムには、修正ソフトが配布される前に、代わりの修正ソフトを作り出す機能があります。仮想パッチと呼ばれる機能です。修正ソフトをパッチと言いますが、新たなセキュリティーホールが発見されて、そこが攻撃にさらされた時に、メーカーが修正ソフトを配布する前に借りの修正ソフトを用意することが出来る機能です。特にメーカーのサポートが終了した古いシステムをまだ利用している企業では、修正ソフトは配布されませんので、脆弱性対策として仮想パッチを利用する必要があります。

Copyright (c) 2015 信用を得る取引をするなら、ISOを取得しよう all reserved.