信用を得る取引をするなら、ISOを取得しよう

種類の説明

ISOとは何か、またその種類について

ISOとはInternational Organization for Standardization日本語に翻訳すると国際標準化機構となります。その名の通り国際間の取引をスムーズにするために共通の基準を決めるということです。ISOは番号が色々あり種類が多数あります。このうちのマネジメントシステムのISO規格というものがあり今では日本の企業内でも広く知られています。ISO規格に沿って社内でマネジメントシステムを構築し、審査機関の審査によって認証された状態の事をISOを取得したということになります。日本では環境マネジメントシステムのISO14001や品質のマネジメントシステムであるISO9001が有名です。

取得に向けて必要な取組

ISOを取得するにはまず現状の業務を分析し、規格で要求されていることと照らし合わせてマネジメントシステムの文書を作成します。そしてその作成したマネジメントシステムに沿って実際に日常業務内で運用してみます。そしてその運用した結果をチェックし、改善すべき点があればマネジメントシステムを再構築していきます。このシステムの構築ーPlan、運用ーDo、チェックーCheck、改善、再構築ーAction一連の流れを英単語の頭文字をとってPDCAサイクルといいます。このPDCAサイクルを回して、各企業にあった運用方法を模索していくことが取得へのカギとなります。ただ認証を取得するだけでなく実際にマネジメントシステムに即したPDCAサイクルをしっかり運用することが今後はより一層重要になります。

Copyright (c) 2015 信用を得る取引をするなら、ISOを取得しよう all reserved.